2006年05月28日

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード.jpg
製作:2005、アメリカ

久しぶりに映画を見ました。
原作は読んでません。さらにはカンヌ国際映画祭では失笑、酷評って話まで聞いた後で見ることになり、複雑な感じ(´ρ`)

この映画のおかげで、TVでは特別番組やってるので、なんか謎解きは終わってるし、ミステリーにもならない(>_<)

後は、「アメリ」オドレイ・トトゥがどれだけ可愛いかなんですけど・・・
・・・・可愛げがない _| ̄|○ 普通の大人の女性ではないか。
ジャン・レノは警部で出てるし、途中からフランス映画?って思いました(って・・・思いませんね。めっちゃアメリカ作りでした)

カトリックにしてみれば、いろいろな問題を含んでいるのかもしれませんが、なんでもありの日本では対岸の火事的な見方ですね。

にしても、展開が見えてしまって終わってしまったと思ったら、さらに一歩踏み込んだ謎解きがあったのですね。
これで少し点数アップです。

★★★☆☆
きっと、「この映画を見て原作を読もう」というキャンペーンなんだ


ダ・ヴィンチ・コード@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

060505 TDS

3デイズも最終日、TDS。

今日は、キャラクターに会うことと
見納めになる「ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバル”エテールノ”」を見ること。
1日目は人が多くて近くて見れなかったので、今回は陣取ってみるために、"エテールノ"を中心に沿えて、シーを見て回ります。


アリエルに会うために、グリーティングロットに朝一で並び、
(アリエル、よーしゃべるから1組の時間がかかります(#^_^#))
アリエル.jpg

昼食は、早めにホライズンベイ・レストランでキャラクターグリーティング。
ミッキー.jpgミニー.jpg
早めが功を奏し、人が少ない!
ミニー.jpg
ミッキー、ミニー、プルートと写真が取れ、嫁さんも大喜び( ̄ー ̄)v

”エテールノ”はドナルドの正面に行こうとしたら、すでに人でいっぱいだったので、チップ&デールに会いに。
エテールノ_ドナルド.jpgエテールノ_チップとデール.jpg

ドナルドのボートビルダーでまったりとしたりヽ( ´ー`)ノ
セイル・アウェイを裏からみたり ヾ(´ー` )ノ
(キャストの皆さんが楽しそうに準備するのを、見たりするだけでも楽しいですよね)

3デイズ、人が多かったけど、多いなり、楽しく過ごせて、
名残惜しいが、また来るぞと思いつつ、帰りました。

次はいつこれる??ハロウィン?クリスマス?

060503 TDS
060504 TDL
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

060504 TDL

3デイズに2日目はTDL。
今は、”リロ&スティッチのフリフリ大騒動”。
リロ&スティッチの映画は見てなかったので、来る前に予習してきました。
”オハナ”の意味も理解して準備万全です。
スティッチ.jpg

シンデレラ城も改装中ですが、スティッチが落書きして回ったというシチュエーションにしているため、ランドの真ん中が工事中でも楽しく過ごしてもらおうという考えて方がさすがです。
改装.jpg

TDLのいたるところにスティッチの落書きや飾り付けががあり、探してまわるのが楽しい!!
スティッチ2.jpg
こんなにスティッチは可愛いかったか??という感じでちやほやされてます。
みんなでスティッチを探そう!ということで、写真撮りまくりでした。

フリフリ・オハナ・バッシュも2回もきちんと見ましたよ。
(相変わらず、ドナルドはかわいいです)
フリフリ_ドナルド.jpgフリフリ_スティッチ.jpg

久しぶりにINしてるので、昼・夜パレードもちゃんと抑えました。
ワンマンズ・ドリームUも抑えましたよ。

060503 TDS
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

060503 TDS

久しぶりに行ってまいりました、TDR。
それもGWに。
めっちゃ混みまくりはわかってますが、INできるのはこの時期しか無かったのよね・・・
とにもかくにも、2005年は来てないので、1年以上ぶりです。

今回は3デイズです。TDS,TDL,TDSと。
初日はTDS。今回はいろいろあって忙しいかった。

まずセイル・アウェイが間もなく終了するということなので見納めです。豪華客船S.S.コロンビア号へ移動。
セイルアウェイ4.jpg

ポルト・パラディーゾ・ウォーターカーニバル”エテールノ”ももう終わりとなるので、これまた見納め。まぁ人が多くて、どこから見えるのかと探すのが大変でした。
ポルト.jpg

さらには、アンコール!も、もう終わるというので見ておかないと。

と、人が多いのがわかっていたけど、今、来ておかないといつ来るの?
という状況なのでした。

アトラクションで言えば、レイジングスピリッツがOpenしてから初めてのTDSです。まずは乗っておかないとダメですね。
レイジングスピリッツ.jpg
タワー・オブ・テラーはまだOpenしてないので、外観だけ。
TOT.jpg

FPを使えるところをめぐりながら満喫。人が多いのが難点ですが、致し方ないです。とりあえず、見るべきものは一通り見れたので初日の目的達成と言ったところでした。
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

Vフォー・ヴェンデッタ

V.jpg
久しぶりに映画を見ました(見れました)。
予告編でみたときから、この仮面の男はいったい!?と興味津々。
少し予習なんぞして見てきました

基は80年代に発表されたコミックだそうです。それをベースに、ウォシャウスキー兄弟(さすが漫画オタク)が脚本化し、「マトリックス」製作チームが集結し作り上げたということなので、マトリックスのようなアクションシーン満載かと思いきや、そんな派手なアクションはなかったです。
ですが、大きな組織に反逆するという意味で言えば、「マトリックス」に通ずるものを感じました。

独裁国家と化した近未来の英国としながらも、表現される街や、風景は現代そのもの。
現在の世界を風刺したとしか思えません。
TVを観る英国民は「ウソに決まっている」と流される情報見ている。何かがおかしいと思いながら、弾圧に屈し従っている・・・
現在のアメリカがそうなのかも知れない。戦争の実態をどこまでニュースで流すのか?
それに日本も大なり小なり、そちらに近づいているような気がする。
弾圧国家では無いが、国民を無視した政治。
あまりにリアルな世界観で、ある意味サイコ・スリラーのようでした。

本当のテロは何なのか?
正義のためなら、テロは許されるのか?テロと決めつけ弾圧をしかけるのは、実はテロではないのか・・・
ここ数年での出来事が重くのしかかります。
弾圧から解放された国民は、次はどういうほうこうに国を持っていこうとするのでしょうか。この続きの英国を見てみたいです。

強烈なメッセージ性を持った映画でしたが、
個人的には、Vがイヴィー(ナタリー・ポートマン)に「岩窟王」を観るか尋ねる場面でのイヴィーの受け答え"OK"の言い方が、「レオン」でアパートを出るはめになって、街を歩くレオンとマチルダとの会話での受け答え"OK"と同じイントネーションだったので、思わず「あっ!マチルダ」と心の中で呟いてしまったのが印象的でした。

★★★★☆
政治は、国民に対して正直にならないと、独裁国家と変わりません。


Vフォー・ヴェンデッタ@映画生活
posted by hir at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。