2006年07月16日

DEATH NOTE デスノート

デスノート.jpg
原作「デスノート」の漫画自体、実は映画が公開されるという情報が世に流れるまで、知らなかった。
漫画喫茶にはよく行くが、昔の漫画を読み漁っていたため、存在に気づかなかった。これだけ漫画が溢れている中、予備知識無しで、手に取ることはなかなか難しいと思っている次第ですが。
とにかく、無知だったわけで、映画が公開されるとなったときに、人気漫画であるという情報が入ってきて、これは読まねばという思いになったわけです。

ただ、あまりに絵が少年ジャンプに似つかわしくないタッチ(苦てな系統です)だったため、正直、食わず嫌いな感も否めません。
にもかかわらず、1巻から心理の読み合いが面白いことと言ったら、ずっぽりのめりこみ、あっという間に大人買いしました。
その頃は、まだ最終巻が発売されてなかったので、待ち遠しいことこの上なく、最終巻、発売、即買いです。
嫁にも映画を見る前に読ませようと薦めたのですが、「心理戦で何度も読まないと混乱するよ」と言ったのが拙かったのか、どうも漫画に手付かずです。嫁を通り越して、映画を見た嫁の友達に貸し出すことはしても、嫁は読む気配さえ見せず・・・とうとう、興味は持ってくれないまま。

そんな事にもめげずにデスノートの映画を見たのですが、ストーリーが漫画ですね。元が漫画なのだから、実写化したときの褒め言葉ではないだろうかと思うのですが、悪い意味でも良い意味でもなく、ただただ漫画です。
(死神が普通に現れる時点で、漫画以外の何ものでも無いですが)

キャストで言えば、夜上月の藤原竜也くんはどうですか?月はもっと大人びた顔でも良かったかなと思いますが、少し幼い顔たちの藤原くんだったので、自分のイメージとは違うが、端正顔だちなので、OKでしょう。次にLの松山ケンイチくんですが、目の下のクマがやりすぎです。普通にやってれば良かったと思うのですが、Lを意識し過ぎな感じです。ですが、他にLが似合いそうな人も浮かばないので、これもOKでしょうか。
それに比べて、エキストラの人々が素人感あり過ぎて、興ざめです(>_<)

今回の映画で期待したのは、やはり、月とLとの心理戦。
原作では、月とLが出会うところでの会話のやり取りが最高です。お互い姿を見せ、会話一つ一つに駆け引きが展開される場面が最高です。
・・・これが無かったのが、非常に残念です。
後編では、この心理戦が繰り広げられることを期待したいですね。

★★★☆☆
天才 v.s. 天才


DEATH NOTE デスノート@映画生活
ラベル:デスノート
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

デッドマンズ・チェスト.jpg
製作:2006、アメリカ
待ってました、キャプテン・ジャック・スパロウ。
前作、「呪われた海賊たち」でのインパクトにより明確に主役になって帰ってまいりました( ̄ー ̄)v ブイ!
ジョニー・デップ好きには堪りません。
脇を固めるオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイもそのままにです。
(前作はオーランド・ブルーム主役だったと思いますが)

初めから娯楽要素満載で愉しめます。
アクションシーンも、ジャッキー・チェン全盛期の香港映画のように入り乱れてのアクションがあり、すごく懐かしい感じの盛り上がりがあった。
ただ、ジャックが人間的に嫌な奴になってしまったのが気になります。前は憎めない奴だったのに、嫌な奴になってしまってような感じがします。
さらには、キーラ嬢がなぜジャックに引っ付く?的な感じは好きではないです。それストーリーに必要なのか???

★★★★☆
そこで終わるんかい!っと突っ込んだ人、数知れず。


パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

日本沈没

日本沈没.jpg
製作:2006、日本

旧作は見た(子供のころに)記憶がありますが、内容は一切忘れております。
小松左京の原作自体は読んでいませんが、今スピリッツで連載中の「日本沈没」は読んでいます。
なので、だいたいのキャラクタ設定は理解しているつもりです。

率直にVFXって、すげぇなぁと。アメリカ映画のようです。
「ありえん」っと思ってしまうこともありますが、そこは映画なので、まぁよしとして、
なんか、何が描きたいのか、よくわからない映画でした。
災害映画により、日本の危機感を示し、現代人に覚悟を促したいのか、それとも単に恋愛映画なのか。

恋愛映画にしては、いきなり盛り上がってるし、途中段階が一切なし。観客は感情の動きについていけないです。唯一救いは、草ナギくんが、柴咲コウを抱かなかったことですね。そこはよく踏みとどまった。 (^^)b

あとは災害映画としては、もっとダークな面が見えてこない。政治にしろ、人間にしろ、ダークのなかの光みたいな物が見えてもよかったんじゃないでしょうか。

映像はよかったけど、ストーリーのまとまりがなかったという感じでしょうか。
そうは言っても、阪神大震災を経験している身としては、「映画」では片付けられないものがありまして、
いざというとき家族と連絡をとるためにはどうしようかとか、いろいろと準備しておこうかなとか、地震大国に住む者としては、注意を喚起させられるわけで、いい映画だったと思えるところです。

★★★☆☆
最後に、 小野寺と結城の名前が呼ばれるところは、何故か胸が熱くなった

日本沈没@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。