2006年09月30日

Johnny Hell(初回生産限定盤)(DVD付)


浅井健一名義のアルバム。

BJCは毎回ライブに行き、BJC一筋だった。
SHERBETSは、音は聞いていたがライブには行かず。
AJICOも同様。
JUDEになり、初期はライブに行ったが、だんだんと遠ざかった。

「38 Special」のベンジーのカッコよさに改めて、ベンジー、すげぇーと思った。
「DEVIL」で久しぶりにで、ベンジー、カッコいいと思った。
ただ、だんだんと、やりたい放題か( ´△`) ベンジーと思って離れていった。

浅井健一となり、何かを期待して「危険すぎる」「WAY」とシングルを買って聞いた。
JUDEのポップさの代わりに、ベンジーのロックさが出ていた。
なので、新たなベンジーに期待してアルバムも購入。

「DEVIL」を聞いたときの衝撃はなかったが、大人になったベンジーの重みのあるロックと、
JUDEほどではない適度なポップさがあり、ベンジー独特の世界が展開されていた。

聞けば聞くほど、だんだんとカッコよさが出てきた。

また聞き込んでみようと思う。
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ.jpg
製作:2004、イギリス・イタリア・南アフリカ
主人公ポールは、力があるわけでもなく、力強い多くの仲間を引き連れているのでもなく、ただのホテルの支配人。
権力を持つ面々とコネクションはあるが、それも薄氷にしかなく、それでも希望を捨てずに機転を利かせて対処していく。いつ死んでもおかしくない状況で、覚悟を決めて頼ってきた人々を助けたいと行動していく。
彼を動かしていたのは家族や友人だけではなく、ホテルマンとしての意地とプライドもあったのではないだろうか。ホテルに迎え入れる人に、安らげる場所を提供することがプロとしての行動だと根底に流れているのではないだろうか。

仕事に対してプロ意識を持つことは重要なことだと思います。
理不尽な事や、不満を持つこともあるが、プロとして仕事を請け負ったのだから、この仕事を完了させるためには、様々な困難はあるわけで(この映画のような困難に直面することはありませんが)、何度も心が折れそうになりながら、それを投げ出してしまう前に、もう一度、「自分はプロではないのか!」と自分に問いかけて立ち直ろうとしています。
チームの面々にも、何度も口にしたいところですが、プロ意識というのは口で言って身に付くものではなく、プロジェクトに対して何を求めているかという根底にあるものだと思います。この根底をどうのように形成するのかがチームの団結につながるのだと考えます。
でないと、一見、チームとして機能していると思っていたのに、ここぞいう場面でも裏切られることになりますから(この映画でも裏切られた場面がありますよね)。

とにかく、仕事をする上で、プロ意識を強く持つことは困難に立ち向かう勇気を与えてくれるということです。
ポールを動かす原動力は、ホテルマンとしてのプロ意識ではなく、人間としてのプロ意識だったと思います。

★★★★☆
人を守れるような人間になりたい

ホテル・ルワンダ@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

Wave (初回限定盤)(DVD付)


YUKI ソロ4枚目のアルバム。発売されることはぼんやりと知っていたけど、いつかは見てなく、初回限定でDVDが付くと情報を見て、急遽に探して購入決定。で、やっと聞きました。

タイアップ曲が5曲ですか。どこかで耳にした曲が流れてくるので、すんなり楽しめるように思います。
Popさで言えば、前回の「joy」のほうがよりPopだったように思えるけど、代わりに優しさが増したようなアルバムだと思います。

「長い夢」は初めて聞いたときに、きっと子供のことを思って作ったんだと直感できる曲だった。
YUKIが力強く生きていく決心のように聞こえて心に響きました。
そして、「夢で会えたら何を話そう」という言葉が胸を打たれました。いろいろな人が、さまざまな想いを重ねて、この言葉を口にすることができると思います。

「メランコリニスタ」もYUKIのキュートさが出ていて良かった
( ̄ー ̄)v ブイ!
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。