2006年12月01日

DEATH NOTE デスノート the Last name

DEATH NOTE.jpg

製作:2006、日本
前編での導入部に対して、月 v.s. Lとの対決の構図が描かれてます。
原作自体は、月 v.s. Lを第一部として、ニア・メロ編に続いて結末と流れるところを映画では、どのように結末を付けるのかが楽しみでした。

もともと原作自体も、月 v.s. Lが終わると、緻密な頭脳戦・心理戦が薄れ、なんか勢いだけで結末に持っていかれた感が否めなかったので、映画ではそのあたりもすっきりとまとめてもらえると面白いだろうなって。
ただ、前編を見て思ったのが、映画で緻密な頭脳戦を描くと、「観客はついて来れない」。見終わってから、「あれって、どういう意味??」という言葉は出てきて、何度も見返す必要がありますね。みんなが見返してくれれば興行的には成功ですが、そんな事は無く、大概は"理解し難い映画"で終わるでしょうね。
前編見たときに、原作は「もっと緻密なのにな」と、"緻密さ"という面白みが表現できずの面が残念でもあり、"映画"という個人の理解度に寄らず話が流れていく面とで仕方なしとの思いが交差してました。
原作は漫画なので、"戻る"ことが個人のペースでできるので、何度も読み返したりしましたから。

後編についても、そのあたりの緻密さは欠けるとして、頭脳戦とか、役者の表情の変化とか、あとは映画オリジナルの部分がどれだけ面白いのか。

まず月 v.s. Lでの"緻密さ"については、楽しみにしていた、出会ってから捜査に加わるまでの心理戦が無かったことが残念です(必要なところはちゃんと描かれていましたが)
あとは、第3のキラへの到達は、いきなり過ぎて驚きです。緻密さの欠片もない・・・月が天才という設定だからと言って、それは良いのか!
この部分の衝撃が強すぎて、他の箇所はすんなりって思いです。

表情で言えば、原作では月が、デスノートの所有権を持つ・持たないで、完全に別人格になるのですが、それを藤原竜也が表現できるのかと言うところですが、やや表情に変化が無かったかなと思われます。
思わぬ発見で言えば、Lが羊羹加えて、グッドのサインを出すところ。
原作Lは実は愛嬌があるのですが、ここまでの内容では見えなかったのですが、この場面だけは松山ケンイチが狙ったのか、愛嬌がありました。良かったです。

そして、オリジナルな結末。なるほど、そのような形を取ったかと原作の結末を壊さず、見事にまとめていました。原作の月 v.s. Lの結末は、L派の自分としては悲しい結果でしたが、映画ではL派の思いを尊重してもらえたと感じました。監督もきっとL派なんでしょう。

前編よりもスピード感があり、長かったですが一気に見れると思いますね。
オリジナルが原作を読んでからも楽しめるストーリーです。

★★★★☆
監禁の場面は別映画だな、あれ。

デスノート the Last name@映画生活
タグ:デスノート
posted by hir at 23:30| Comment(0) | TrackBack(31) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。