2007年01月06日

LOVERS

LOVERS
製作:2004、中国
チャン・ツィイーきれいです。
映像もきれいです。原色を使って色で表現すると言うのか、美しい映像を見せますよ!!って伝わってきます。

最初の遊郭でのチャン・ツィイーの踊りとか好きです。
動き一つ一つにポージングしてくれるところとか無意味に好きなので、非常にGoodです。
チャン・ツィイーきれいですし。
アクションシーンも無意味に飛びまくりで面白いです。
チャン・ツィイーもきれいですし。

しかし、ストーリーは頂けませんね。
飛刀門の面々が出るまでは、まだ何が起こるのか楽しめる展開でしたが、飛刀門が現れてからの展開の雑なこと。
なぜ、そこまで騙してアジトに金城武を連れて行ったのかわからんし・・・
始めから、三人の三角関係を軸に作ってくれてよかったんで無いですか?

長い間、会えずでいた恋人に会えたのに、使命のために気持ちを抑えて周りを欺かないといけない男と女。
嘘をつきながら、命をかけて守る男。危険な状況に置かれた男女には緊張感を恋愛感情と勘違いしてしまうと言うが、この話も実はそうだったんじゃないだろうかと思われる。
もうしばらく冷静になる時間が与えられれば、悲しい結末を迎えなくてすんだろうにと思うと、非常に残念です。
チャン・ツィイーがきれいなだけに。


★★☆☆☆
チャン・ツィイーがきれいですので。

LOVERS@映画生活
posted by hir at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呪怨2

製作:2003、日本

呪怨 劇場版の続編。
前回も思ったが、結局のところ何が目的だったのかわからず・・・
伽椰子のノートを手渡すところで「リング」がよぎったが、結局、わからず終い。こやつらの目的は何だ??

関わった人間を巻き込んでいくだけ行って、怨念を膨張させていきたいのだろうか。ウィルスみたいなものか・・・

伽椰子の目的みたいなもんが明かされるのかと期待したが、
前作から大差はなかったな。
こんなところからも出てくるんですよ!!って感じ、
あの家だけではないんですよ、伽椰子は!!
ほら、あなたの後ろにも!!!

みたいな恐怖を伝えたかったんだと思われます。
時間軸とか、さらに複雑になったようです。

★☆☆☆☆
だから、どうすれば助けてくれるんですか?

呪怨2@映画生活
posted by hir at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。