2007年01月07日

デビルマン

devilman.jpg
製作:2004、日本
これほどまでに衝撃を受けた映画は無いかもしれない。

劇場後悔公開されたときに、原作の良さから、めちゃめちゃ見たかったが、乗り遅れ、そうこうしているうちに不穏な情報が入ってきたので劇場で見ることを止めた。
今回見て、自分の決断が正しかったと確信できた。

これが原作を知らない人だったら、主役陣の眉間にしわを寄せた熱い語り口調を見て、仮面ライダーとか、ヒーロー戦隊系の映画のように見て楽しめたのかも知れない。
が、しかし、すでに原作を読んでいることは捨てれないし、あの衝撃的な原作を無視して映画は映画として楽しむことはできないのです(ノ`△´)ノ

とは言え、CG部分は結構好きです。アモン、サタン、シレーヌとか良いんじゃないですか、フィギュアにしたら欲しい感じです。
でも、それだったらCGじゃないか・・・もしかしてCGいらなかったのでは

ところで、原作でのアモン v.s. シレーヌの場面は好きでした。デーモン同士での悲しいストーリーだったのに。
いつの間にか、シレーヌは消えてしまった( ´△`)
だったら、この場面もいらないのでは・・・

原作自体は、この時代で発表できないようなタブーな表現がいっぱいで、それを忠実に映画化するには無理があると思います。
にしても、いきなりデーモンを未知の生物として、人間に寄生するのはどうなのか。
デーモンと言うんだから、そこは原作のまま乗り移るでいいんじゃないだろうか。
なんか、いろいろな話を導入部だか微妙に変えつつ、中途半端に原作の戻したり、中断したりするの展開はどうなの?
酷評を受けるのももっともでしょう。
同じ永井豪原作のキューティーハニーは面白かったのにな。

☆☆☆☆☆
永井豪が映画化を許した上に、自ら出演している理由が謎だ

デビルマン@映画生活
posted by hir at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE JUON/呪怨

juon.jpg
製作:2005、アメリカ

ハリウッドでのリメイクですが、清水監督がそのまま撮っているのですね。
呪怨の内容そのままキャストが置き換わった感じです。怨念について、説明する場面があるので、外国では「怨念」という概念自体が無いのでしょうか。
その説明をするためにも、設定はやはり日本を舞台としたかったのでしょうか。
あとは心理的に追い詰めるためにも、外国暮らしという疎外感を共感してもらうためにも、キャスト以外は日本語を使い、精神的に追い詰められる感じを観客に伝えながら、恐怖を感じさせる意図もあったと思います。

リメイクですが、なぜ伽耶子や俊雄があんな事になったのか説明があり、今まで呪怨 劇場版呪怨2 劇場版を見てきて判明しなかった所が見れて良かったです。
さらには、リメイクだからと言って、伽耶子や俊雄が変わることなく、むしろ露出度UPででまくりでした。
ハリウッド的には、日本的な目に見えない部分での想像を掻き立てる恐怖よりは、バッーンと画面にいきなり出てきて、始終驚かして欲しいのでしょう。ホラー映画から言えばそう思います。
いつもよりも多く回ってます〜♪

★★★☆☆
このリメイクいいぞ

THE JUON/呪怨@映画生活
posted by hir at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベリオン

リベリオン
製作:2002、アメリカ
なにわともあれ、ガン=カタ。銃(ガン)の型。
考案したのは監督カート・ウィマー。
(詳細はWikipediaで)
撃たれないように回避する技術といえるのでしょうか。
これは無意味にポージング大好きな自分の琴線を刺激してくれます。
一つ一つの動きにポーズがつきます。サイコー(≧ ≦)Ω

一見、B級映画(低予算だから仕方が無いのか?)のようです。確かにストーリーもひねりを入れてほしい欲求はあります。
が、しかし、このガン=カタが良い(^▽^喜)
もっとアクションシーンを見せて欲しいと思ってしまいます。
おそらくこのバランスを崩し、アクションに走るとチープな映画に成り下がってしまうでしょうが、もっと見たいと思わせる程度のアクションが映画を引き立てました。
ストーリー的には、盛り上がりもなく感動することも無いです。淡々と思い通りに進んでいきます。
そんなことより、至近距離での打ち合いとか、暗闇での打ち合いとか惚れ惚れしますよ。

★★★★☆
「マスターすれば飛躍的に戦闘力が上がる」スカウターで計測してください。

リベリオン@映画生活
posted by hir at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。