2006年02月28日

トルク

トルク.jpg
製作:2003、アメリカ

「ワイルド・スピード」のバイク版だと思ってたら、ひっくり返った。
バイクが車を抜き去る始まりを見たときから怪しい気配を感じていたら、怒涛の攻めを受け、予想以上に圧倒されました。
ありえねぇ
スピードの限界に挑むバイク映画・・・ではなく、限界を突破して、空を飛ぶところまでいっちゃた感じです。
もぅやりたいこと、やり過ぎ。映像は、やり過ぎだけど、ストーリーは置き去り。
予想通りにストーリーは進みます。まさか、そんなど真ん中で来るとは思ってないので、思わず見逃し三振状態。
後半になるにつれ、盛り上がりに合わせて、バイク・アクションも盛り上がり。
「ミッション・インポッシブル」か「マトリクス」かって。
ジョン・ウー好きそうだなとか思ったり。

Y2Kが出てくる必要ないよ、きっと。持ち主はアメリカン乗り回してるのに、さらにそのアメリカンはY2Kと併走してるぞ。そんな奴にY2Kは持つ必要なし。
最後の戦いはゲームそのもの。現実を大きく飛び越したね。

そうは言っても、文句あるか!!って映画を作ってそうで、男らしい。
ありえねぇの連発に、バカバカしいの連発。
真面目な映画だと思うが、どうもお馬鹿映画っぽくて好印象。
かなり好きです。

★★★★☆
最後は「トロン」っぽかった

トルク@映画生活
posted by hir at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。