2006年03月16日

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

ナルニア1.jpg
製作:2005、アメリカ

C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」のディズニーによる映画化。
「ロード・オブ・ザ・リング」との比較される有名なファンタジーらしい。
でも、この映画の事を聞くまでは、そんな物語は知らなかった。たくさん本も出版されていたのに。
さらに。「LotR」は映画さえ見ていない(見たいのだけど、タイミングを逃したので、あの壮大さに見る機会を得ないのね)
なので、マイ・ファンタジー映画といえば「ハリポタ」
あまり比較しても仕方がないですね

とにかく、そんな素の状態で見に行ったのですが、絵本を読んでいるようで、
次々に読み進んでしまうような楽しさがありました。
白い魔女が、次男を味方に引き入れる手段がターキッシュ・ディライトというお菓子を餌に。
・・・なんて、平和なんでしょう。
戦争の場面は、第二次世界大戦のイギリスが舞台なだけあって、ドイツを意識したのかと思ってしまいましたが、そこは夢と魔法のディズニー。惨い場面はありません。白い魔女に倒されたものも、死ぬのではなく、魔法で石に。魔法がとければ元に戻るという安心なお話。傷ついたものも、一滴で傷が治る魔法の薬が出てくるなど、まさにファンタジー。平和です。
戦時中に書かれた話なので、平和な世界の願ったのでしょうか。

伏線や、話が二転三転するような練られたストーリーではないのですが、
ほんとシンプルなファンタジーですが、すんなりと見れて、さらっと楽しかったって言える感じです。
ディズニー映画ってなると、アスランがライオン・キングにかぶって見えましたが
あと、白い魔女のティルダ・スウィントンは、中世的な感じ(「コンスタンティン」のガブリエル同様)が高貴な感じを醸し出していて良い感じです。

今回は第1章ということなのですが、全7章を映画化するのでしょうか。
長い長い映画になりそうですね。

★★★★☆
タンスの中で過ごした時間は、現時点からほとんど経過していない。
タンスの中はタイムマシーン。あっ!どこでもドアか。

ナルニア国物語 ライオンと魔女@映画生活
posted by hir at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。