2006年07月16日

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

デッドマンズ・チェスト.jpg
製作:2006、アメリカ
待ってました、キャプテン・ジャック・スパロウ。
前作、「呪われた海賊たち」でのインパクトにより明確に主役になって帰ってまいりました( ̄ー ̄)v ブイ!
ジョニー・デップ好きには堪りません。
脇を固めるオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイもそのままにです。
(前作はオーランド・ブルーム主役だったと思いますが)

初めから娯楽要素満載で愉しめます。
アクションシーンも、ジャッキー・チェン全盛期の香港映画のように入り乱れてのアクションがあり、すごく懐かしい感じの盛り上がりがあった。
ただ、ジャックが人間的に嫌な奴になってしまったのが気になります。前は憎めない奴だったのに、嫌な奴になってしまってような感じがします。
さらには、キーラ嬢がなぜジャックに引っ付く?的な感じは好きではないです。それストーリーに必要なのか???

★★★★☆
そこで終わるんかい!っと突っ込んだ人、数知れず。


パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。