2006年07月16日

DEATH NOTE デスノート

デスノート.jpg
原作「デスノート」の漫画自体、実は映画が公開されるという情報が世に流れるまで、知らなかった。
漫画喫茶にはよく行くが、昔の漫画を読み漁っていたため、存在に気づかなかった。これだけ漫画が溢れている中、予備知識無しで、手に取ることはなかなか難しいと思っている次第ですが。
とにかく、無知だったわけで、映画が公開されるとなったときに、人気漫画であるという情報が入ってきて、これは読まねばという思いになったわけです。

ただ、あまりに絵が少年ジャンプに似つかわしくないタッチ(苦てな系統です)だったため、正直、食わず嫌いな感も否めません。
にもかかわらず、1巻から心理の読み合いが面白いことと言ったら、ずっぽりのめりこみ、あっという間に大人買いしました。
その頃は、まだ最終巻が発売されてなかったので、待ち遠しいことこの上なく、最終巻、発売、即買いです。
嫁にも映画を見る前に読ませようと薦めたのですが、「心理戦で何度も読まないと混乱するよ」と言ったのが拙かったのか、どうも漫画に手付かずです。嫁を通り越して、映画を見た嫁の友達に貸し出すことはしても、嫁は読む気配さえ見せず・・・とうとう、興味は持ってくれないまま。

そんな事にもめげずにデスノートの映画を見たのですが、ストーリーが漫画ですね。元が漫画なのだから、実写化したときの褒め言葉ではないだろうかと思うのですが、悪い意味でも良い意味でもなく、ただただ漫画です。
(死神が普通に現れる時点で、漫画以外の何ものでも無いですが)

キャストで言えば、夜上月の藤原竜也くんはどうですか?月はもっと大人びた顔でも良かったかなと思いますが、少し幼い顔たちの藤原くんだったので、自分のイメージとは違うが、端正顔だちなので、OKでしょう。次にLの松山ケンイチくんですが、目の下のクマがやりすぎです。普通にやってれば良かったと思うのですが、Lを意識し過ぎな感じです。ですが、他にLが似合いそうな人も浮かばないので、これもOKでしょうか。
それに比べて、エキストラの人々が素人感あり過ぎて、興ざめです(>_<)

今回の映画で期待したのは、やはり、月とLとの心理戦。
原作では、月とLが出会うところでの会話のやり取りが最高です。お互い姿を見せ、会話一つ一つに駆け引きが展開される場面が最高です。
・・・これが無かったのが、非常に残念です。
後編では、この心理戦が繰り広げられることを期待したいですね。

★★★☆☆
天才 v.s. 天才


DEATH NOTE デスノート@映画生活
ラベル:デスノート
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。