2006年11月04日

涙そうそう

涙そうそう.jpg
製作:2006、日本
前から行こうと思っていてやっと観てきた。
観にいこうと思っていた前日だというのに、きらきらアフロで鶴瓶がムカついた話ということで、「涙そうそう」を見たときの話をしたのだが、いきなり映画のラストを物の見事にバラしてくれた。
TVを観てたときは、それほど後は引かないだろうと思ったけど、映画を見終わってから、
何してくれてんねん!(ノ`△´)ノ
って、こみ上げて来た。
(後から知ったことだが、予告編を見たら結末が推測されるよなぁ)

「みゆき」っぽい話かなぁって思っていたけど、男女の愛より、もっと兄妹愛のほうが強い感じだった。ベタな展開なんだけど後味が悪くなく、さっぱりしていた。
映画のサプライズといえば、いきなり達也が出てきたこと。
病院で出会うときの声とシルエットで「もしや達也か!?」と思ったら、その通り。達也の演技はともかく、オーラがある人だから、おぉー!って感じで驚きです。結構、台詞もあったし。♪ (* ̄ー ̄)v

それと、Kyon2(結構なファンです)が、最初の印象から、きっと悪い母親役だと思ったら、良い母親で、これも後味が悪くなくて良かった(^▽^)

感想としては、後味が悪くなくて、さっぱりした展開で安心してみれる映画でしたね。
私的見解ですが、最後の場面は、仮にあのような結末でなくても、洋太郎はきっと最後までカオルには妹として接するのだと思います(接して欲しいです)。「みゆき」の真人のような結末はいらないです。
最後の子供の頃の風景で、「兄弟は結婚できない」と言う洋太郎の言葉の通りの思いだと思いますね。途中でカオルに「一人暮らししろ」と言うのも、「血が繋がった」家族だと信じていると思っていたからこそ、兄と妹でいれたのに、「血が繋がらない」とわかった時点で、それが崩れ男と女と見てしまうのが怖かったのだと思います。真っ直ぐな洋太郎だからこそ、最後まで兄の振りをし続けるだろうと思いたいですね。

あとは、沖縄といえば、ここ数年旅行していませんが、前は毎年訪れていた場所。スクーバダイビングで行っていた。
(今では、すっかりブランクダイバーになりましたが)
きれいな空、海は当然ですが、沖縄に行ったら、訪れて欲しいところが、第一牧志公設市場
映画でも市場が出てきたが(第一牧志公設市場だろうか?)
おばぁも居るし、その場で食べることもできる、楽しい。日本よりも、ワールドを感じられる。
それから、居酒屋。映画でもちょくちょく出ていたが、沖縄料理の店とかよりも沖縄の食べ物に触れられる。いろいろな魚が食べれたり、沖縄の味付けを楽しめたりと飽きません。

「涙そうそう」と言えば、歌手の森山良子さんが、他界した兄を思って書いた詩ということで有名です。この映画を見て、歌詞を改めて読み直し、
古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた
歳を取ると、「人に感謝しなさい」と言われた事の意味をぼんやりと感じるようになりました。この歌詞を聞いてアルバムを見ながら、今までの人に素直に感謝して生きていこうと思いました。
想い出遠くあせても
おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう


★★★★☆
この映画の長澤まさみって、かわいいよな(爆)


涙そうそう@映画生活
posted by hir at 21:15| Comment(5) | TrackBack(13) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとう。
カオルは何回か、告白していましたけどね。洋太郎は、あくまで、兄妹というより保護者の立場でいることに、こだわったのでしょうね。
Posted by kimion20002000 at 2006年11月05日 02:31
TBありがとうございましたm(__)m

この主役二人では、やっぱりやられたなぁ(笑)って感じでした^^ おばぁも短いセリフでしたが逆にそれが効きましたね!
TB何度か入れてみたのですが、反映されませんでしたm(__)m
http://blog.goo.ne.jp/cyaz/e/226c35c903c3491fa4f248a2c6d049ac
Posted by cyaz at 2006年11月05日 16:17
コメント&TBありがとうございます。
>kimion20002000 さま
保護者の立場は、まじめな洋太郎だからこその思いだと思いますね。

>cyaz
おばぁの存在が効いてますよね。よかったです。

TBは??ですね。申し訳ないです。
禁止設定ではないようですが。

Posted by silent_moon at 2006年11月05日 18:21
釣瓶は、なにに怒ってたのでしょうか?
ラストのネタばらしは、浜村淳だけにしとけってーの!
私は予告編でオバアを見せたことに憤っています。
Posted by aq99 at 2006年11月06日 18:28
こんにちは♪
こちらからTBが入らずすみません。
今が旬の二人はスクリーンでキラキラ光っていました。
沖縄弁ってなんだか癒される雰囲気があるんですよね〜。
Posted by ミチ at 2006年11月07日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26771985

この記事へのトラックバック

「涙そうそう」
Excerpt: 「涙そうそう」よみうりホールで鑑賞 あの夏川りみのヒットソング「涙そうそう」作詞をしたのは森山良子サンだったのですね。全く知りませんでした。その詩をモチーフにして作ったのがこの「涙そうそう」とい..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2006-11-05 02:14

涙そうそう・・・・・評価額1400円
Excerpt: タイトル通り、泣ける。 この映画の原作は、夏川りみがカバー版を唄って大ヒットした、BEGINの名曲「涙そうそう」だ。 森山良子によるこの切ない歌詞は、彼女が若くして逝った実の兄への想いを綴ったもの..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-11-05 02:29

涙そうそう☆独り言
Excerpt: 予告編から、泣けるのよ!ってものすごくアピールしてたような・・・『涙そうそう』観にいってきました。沖縄を舞台に、血の繋がらない兄妹の物語タイトルどおり、”涙そうそう”の曲をベースに話が進んで・・・まぁ..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2006-11-05 08:13

涙そうそう
Excerpt: 「涙そうそう」評価 ★★★☆☆(2.8)『あらすじ』 新垣洋太郎は、幼い日、母親の再婚相手の連れ子「カオル」と義理の兄妹となる。しかし、父親は突然姿を消し、追い打ちをかけるように母親は病に倒れ息を引き..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-11-05 10:55

涙そうそう
Excerpt: 泣かす為だけの映画でも,溢れる優しさはあたたかい。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-11-05 11:06

【劇場鑑賞106】涙そうそう
Excerpt: いちばん近くて いちばん遠い”兄妹(ふたり)” 『本当は知ってたよ。 本当のお兄ちゃんじゃないってこと・・・』 泣いても、泣いても・・・ 溢れ出す、君への想い。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-11-05 16:19

涙そうそう
Excerpt: 沖縄の碧い海、青い空、眩しい風景そして、田舎ならではのマッタリ感のある雑踏〜〜大昔に一度行ったことがあるが、独得なこの空気、また行ってみたいなぁ。。。 と、沖縄気分に浸りながらも最後はまさしく‘..
Weblog: future world
Tracked: 2006-11-05 23:15

『涙そうそう』舞台挨拶@日劇2
Excerpt: 「オールスター感謝祭」を見てたから、UPが大幅に遅れた(爆)今日も1人で映画館w妻夫木聡、長澤まさみ主演『涙そうそう』の舞台挨拶へ行った。て〜か、予告編を見て、麻生久美子が出てたから観たかった訳で(爆..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2006-11-08 16:22

映画「涙そうそう」 〜泣く時は、我慢せずに泣く事が大事である〜
Excerpt: ひとりぼっちのカオルを、どんなことがあっても守ってあげる――。 2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎(妻夫木聡)。今日も食材運びのバ..
Weblog: 混沌と勇気日記。 〜紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を〜
Tracked: 2007-04-07 03:54

涙そうそう−(映画:2007年44本目)−
Excerpt: 監督:土井裕泰 出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、森下愛子、船越英一郎、橋爪功、小泉今日子 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります)..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-04-09 00:18

映画『涙そうそう』
Excerpt: つい口ずさんでしまう「涙そうそう」、BEGIN作曲、森山良子作詞、古いアルバムがめくられながら、夏川りみの歌うその歌になぜか懐かしい郷愁を覚える・・ 母光江(小泉今日..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-07-16 14:07

DVD 涙そうそう 
Excerpt:  今回はDVDのレビューです。涙そうそうです。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2008-01-05 00:46

涙そうそう
Excerpt: 泣いても、泣いても──溢れ出す、君への想い。 【関連記事】 涙そうそう(長澤まさみ、妻夫木聡) 壁紙
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-08-23 00:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。