2006年11月19日

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

kisarazu.jpg
製作:2006、日本

キャッツ!ニャー!キャッツ!!ニャー!!3年ぶりだぁ〜!!!
ということで、TV放映からオンタイムで見てきて、これで最後だと思うと木更津キャッツアイからの卒業の気分です。

まわりに木更津キャッツアイを語る面々も居ないので、隠れキャッツ・ファンのように息を潜めていました。隠しているわけではないのですが。
語れるのは嫁と、嫁の友人のわずか・・・
そもそも嫁が面白いと、TV版初回を見逃した自分に録画を見せてくれて、それ以来、毎週欠かさず見て、ドラマのDVD−BOXを購入し、「日本シリーズ」も映画館へ足を運び、「日本シリーズ」公式メモリアルブックも買い、当然に今回も
「ワールドシリーズ」公式メモリアルブックを買いました。あのとき嫁がドラマを見てなかったら、「ぶっさん」や「キャッツ」の面々に出会えていなかったかも知れないと思い、話ができる相手が嫁だけでも良いかと思っています。


今回で完結だと思うと、久しぶりに会える喜びもあり、何か寂しいようでもあり、すっきりと終われとの思いもあり、いろいろな思いがありました。
公式メモリアルbox
そんなキャッツも「ぶっさんにちゃんと“ばいばい”言ってねえじゃん」というテーマで始まり、「木更津キャッツアイ」を応援してきた人も「言ってねぇ!!」って事で、
きっちりと終わりを迎えるために準備された映画でした。
これを初めてみる人がどれだけ気に入るのかわからないような作りだと思います。何がなんやらわからないテンションの高い話で、初見の人に面白みがどれだけあるのかは疑問です・・・
今まで見てきた人なら理解できる逸話だらけで、演技とかストーリーとかどうでも良くて、ただただ木更津キャッツアイにまた会えたという同窓会的な気持ちを受けました。
見終わった後は、この映画は新たなファン獲得はどうでもよくて(新たに獲得できたらラッキー!!って感じですね)、長く見守ってきた人に対して、"ぶっさん"との別れに対する区切りを付けさせるための場所なんじゃないだろうかと感じています。

前作「日本シリーズ」では、ただただキャッツを登場させたかっただけの、言わばお祭り的な映画だった。どーでもいい話をキャッツの面々がテンション高くつなぎ合わせて、「はいお終い」的な感じを受けていた。
だが、今回は「野球」という、もともとの背景にあった話を柱に展開され、「"ばいばい"を言う」ということだけにシンプルにまとめられていた。
メンバーは「ぶっさん」という存在にどれだけ頼っていたかを思い知らされ、最後にアニが言う「大丈夫だから」と言葉を発するまでの、様々な思いが自分にも湧き起こり、ジーンときました。
ぶっさんに「ばいばい」を言うときには、自分も心の中で「ばいばい」とメンバーと一緒に、そしてメンバーにも「ばいばい」と言いました。
それに公助だけ、ぶっさんの姿が見えなかった理由もわかり、またしてもジーンときてしまいました。公助自身にはきっと理由はわからなかったと思いますが。
泣ける映画ではないけど、切なくジーンとくる映画でした。

★★★★★
言いたくねぇけど ばいばい

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ@映画生活
posted by hir at 22:14| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27826466

この記事へのトラックバック

木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ・・・・・評価額1500円
Excerpt: まいったな。 まさか「木更津キャッツアイ」に、感動させられるとは思ってもみなかった。 てっきりオチャラケたバカ騒ぎで終わらせるのかと思ったら、なんとわりと直球(?)の「映画」してるじゃないか。 ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-11-19 23:31

木更津キャッツアイ/ワールド・シリーズ
Excerpt: 「木更津キャッツアイ/ワールド・シリーズ」 2006年 日 ★★★★ ご機嫌に面白かったです!! 実は、TBSで放映されたドラマも前編の映画も未見なので、どうしようか・・・と ..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-11-20 00:13

木更津キャッツアイ/ワールドシリーズ
Excerpt: この世には幽霊が見える人とそうでない人がいる。 これは見えてしまった人に起きた涙の奇跡の物語である。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-11-20 10:56

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
Excerpt: 昨年末、05年作品の私的ベスト10を選んだ時に 「真夜中の弥次さん喜多さん」を2位にしたワタクシ。 宮藤官九郎さんの脚本は映画のものしか観た事無かった んですけど、もう映画観た後はどーん..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-11-20 20:08

【劇場鑑賞116】木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
Excerpt: 言いたくねぇけど ばいばい
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-11-24 19:38

木更津キャッツアイ
Excerpt: 少し前に観てきました 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ キャッツが3年ぶりに
Weblog: いろいろと
Tracked: 2006-11-29 21:24

「木更津キャッツアイ・ワールドシリーズ」くっだらないけど面白い
Excerpt: 「木更津キャッツアイ」★★★ 岡田准一 、櫻井翔 、塚本高史 、岡田義徳 、佐藤隆太 主演 金子文紀 監督、2006年 山の高台でぶっさんの声が聞こえる。 「それを作ると、彼らは戻ってくる..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-12-01 08:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。