2006年11月20日

デスノート 「駆引」

デスノート アニメ版第5話「駆引」

FBIの捜査官レイ・ペンバーの話。
前回レイ・ペンバーの名前を巧妙にGetしたわけですが、
さらなるFBI捜査官の情報を入手するために接触するわけです。
接触と言っても直接的ではないですが。

レイも声で気づけよ!!って思いますが、聞いたことがあるって思うだけなんですね。残念です。

このあたりから、月 v.s.Lとの対決が前面に出てきて、月の崇高な理想は影を潜め、対Lのための殺しに変わっていきます。
キラ捜査のために日本に入ったFBI捜査官全滅・・・
これはただの殺人ですね。

これが日本の警察にバレて、悪だけは殺される対象ではなく、キラに迫るものも殺される対象となる・・・
さらにはLへの不信感でいっぱいになります。
命をかけることを決め、かつLが必要だと信じる日本警察の一部が残ったっことで、やっとLが登場です。次週。

顔と名前がわかれば殺されるんですからねぇ・・・
そりゃ極秘裏にキラに迫るしかないんですけど、行動がばれてるようではどうにもなりません。
デスノート・・・危険すぎます。
タグ:デスノート
posted by hir at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27836755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。