2006年12月15日

デスノート 「目線」

デスノート アニメ版第8話「目線」

レイ=ペンバーの死の場面から不審を抱き、レイが調査していた警察関係者に絞るL。即座にカメラとマイクを仕掛ける所が、日本警察では無い行動です。一緒に調査している警察も許すところが漫画と言ったところか。
実際には。どんなに疑わしくとも、さらなる信憑性を追及して後に行動だと思っていますが、実際のところはどこまでグレーなんでしょうかね??

カメラとマイクを仕掛けるのにすぐできてしまうと言ってしまう、ワタリって何者なんでしょうか。ただの老紳士では無いですね。その道のプロですかね。
仕掛けるほうも仕掛けるほうですが、月は月で、自分の部屋に入る際に、ギミックを仕掛けて、本当はノブの位置とか、蝶番に挟んだシャーペンの芯とかでセンサーを仕掛け侵入者を感知するとは・・・
このへんのトリックは映画版には無くて残念でした。このあたりから月とLとの駆引きが面白くなっていく導入部といったところです。

今回の話では、久しぶりに月がデスノートに書き込む場面のポージングが決まっていて、アニメならでは面白みがありました。
(この無意味な書き込み姿は個人的にツボにはまっております)
ラベル:デスノート
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。