2007年01月13日

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡


人生は誰から学ぶ−。龍馬、それともシャア
「龍馬に学べ?いや、シャアでしょ」

って、『亡国のイージス』などの著者である小説家の福井晴敏が推薦する本。

おもわずビジネス書なのかと思って買ったが、そうではなくシャアの歴史が書かれているんですよ。
これはこれで全然OKです。むしろビジネス書でなくて良かったよ。
作者の皆川ゆかさんは「ガンダム好きの読者が読んで、シャアの一代記を見ているような気分になってほしいですね」というように、まさにそれそれという感じで読めます。
NHKの大河ドラマにして欲しいぐらいです。

「ガンダムの歴史はシャアの歴史だ!」と常日頃から叫んでいるので、シャアに絞って書かれているのが、とてもナイスです(>▽<)
シャアという人間は、特別では無い所が魅かれるところです。
才能があるのか無いのかと言えばあるので、一般人では無いのですが、アムロやララァのような特別な人間ではない。
つまりは、一般からすれば凄いのだが、別格ではないため、身近な存在なのですよ。
だから、ファーストガンダムでは言えば連邦軍が主役なのだがが、シャアが人間的ということで共感を覚えることができるのでは無いか?
その後も、ジオン・ダイクンの血を引き継ぎながらも、能力が足りないことを痛感しているため、思い切った事ができず苦悩する姿を中心に描かれるのですね。

だから、ガンダムの歴史はシャアの歴史なんですよ

福井晴敏 & 皆川ゆか 『ガンダム』特別対談(1)
福井晴敏 & 皆川ゆか 『ガンダム』特別対談(2)
ラベル:ガンダム シャア
posted by hir at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | GUNDAM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡/皆川ゆか
Excerpt: 評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上/皆川ゆか 評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下/皆川ゆか シャア・アズナブルという人物を中心にして、ガンダムの世界観を知るためには良い本で..
Weblog: 仮想本棚&電脳日記
Tracked: 2007-03-27 21:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。