2006年10月29日

アイ,ロボット

irobot.jpg
製作:2004、アメリカ

舞台は2035年のシカゴ、ロボットが当然にように社会に存在する社会。
ストーリーの柱となるのは、ロボット3原則。

1:ロボットは人間に危害を加えてはならない、また人間に危害が加えられようとしているのを見過ごしてはならない
2:ロボットは1条に反しない限り人間から与えられた命令に服従しなければならない
3:ロボットは1条及び2条に反するおそれのない限り自己を守らなければならない

これ自体は、SF作家アイザック・アシモフが考案したのは有名な話。
これをベースに作られた映画らしい。
映画自体はCGがよくできていて良いが、よくあるストーリーだといえる。どのように結末に導くかというヒントをどこに置いていくかが面白い話か、よくある話かの分岐点だと思います。そういう視点で言うと面白い話でした。

ストーリーよりも、ソフト屋を生業にしている自分としては、どうやってロボットに3原則を守らせるのかということが気になるところ。
このルールをロボットのプログラムとして実装するのか、それともハード的に埋め込むのか。ハード的に埋め込むにしても基は人間が作るもの。
絶対などという言葉は存在しないだろう。
しかし、この映画の社会ではロボットは人間に危害を加えないと信用している。
自分の考え方は、人間が作るものに絶対は存在しない。ミスは存在する。どんなに良くできている製品でもバグはあると思っている。
複雑度が増せば増すほどミスだらけ。通常使用においてはミスは顕在化しない。これで現れたら問題だ。思いもよらない条件、タイミングでミスが見ええしまうものだ。「ここでミスしたら致命的だ」という場面でのミスでなければ、よくできていると言えると思う。
あとはミスが発生した場合に、如何にしてミスをリカバリできるかが重要だ。リカバリできなければ、欠陥として認知されるだろう。
ロボットの場合、パワーにしても、計算能力にしても、情報分析にしても、人間より優れている。これがミス・プログラムにより顕在化した場合に、人間は対処できるかというと、ほぼ無理。さらには群れを成したロボットたちには叩きのめされるだけだろう。

これがミスで発生した場合に、どのようにリカバリするかがロボットを進化させるうえでも重要な要件となってくるはず。
ロボットを人間に近づけるということは夢のような話だ。
新たな生命を誕生させるようなものだから、もし作ることができたら、きっと神になった気分になれる。さらにそれらが自分の言葉に従うならば、「新世界の神となる(by 月)」と勘違いするだろう。
でも、きっと、ロボットはさらなる進化を遂げて、よくあるSF映画のように人間に従うことをやめ、独自の世界を形成することになるだろうと考えれる。これがよくあるSFの話だ。
神が人間を作り出したことと同じように、人間がロボットを作り出した場合も同じ道を辿ることになるだろう。
これからロボットの進化が目に見えてくるだろう(もしかしたら仕事でかかわることになるかもね)けど、ミスをリカバリする手法も進化を遂げることを期待したい。

★★★☆☆
ロボットは完璧か!?

アイ,ロボット@映画生活
posted by hir at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

斉藤和義 LIVE TOUR 2006 〜俺たちのロックンロール〜

斉藤和義Live2006
2006年10月25日(水)
大阪厚生年金会館大ホール

斉藤和義 LIVE TOUR 2006 〜俺たちのロックンロール〜
久しぶりのライブ。お気に入りのせっちゃん。
ぎりぎりまで仕事していたので、ぎりぎりでした。
嫁がもっとぎりぎりとの電話があったので、西梅田で嫁と落ち合い向かい
1、2曲は飛ばす覚悟で急行。

19:00開演だったけど、少し開演が遅れていたおかげで、1曲目に滑り込みセーフ!!
息を切らせながら、1曲目「真っ赤な海」。アルバムと同じスタート。
テンションあがるわ、ほんと。
ふと周りを見ると女の人多い。いつもの事なんだけど。
布袋と違って太い声援が飛ばないです)

ハミングバードを聞きながら、今の仕事のことをふと歌詞に重ねてしまい、

「やってらんねー」なんて言うな
そりゃ奴等ズルイけど まだ負けたわけじゃないぜ

一人で勝手に勇気付けられてました(^◇^)

大阪に4日目らしい。
どこにも行ってないとか、太陽の塔に行ってみたいとか、どうせ行かないとか、
適当なことをいつものように織り交ぜながら
キューバに行ってた話しと、触発されたのかCDをインディーズで作ったとか、ゼクシィのCMソングとかしゃべってました。

CDはライブ会場と通販のみ。
帰りは急いで帰らないといけないので通販で購入しようとか思ったしだいです。
ゼクシィのCMソングは、なかなか良いです。
これがどうやらゼクシィで結婚式場を決めなければもらえない、非売品らしい。結婚してしまっている身としては手に入れることが困難です。
だれかくれないだろうか。

アンコールでは、バンドメンバーが担当を入れ替わり、「彼女は言った」。
せっちゃんは、ドラム。センターは、もっくん。
もっくん、コミカル過ぎ(≧∇≦)/

全体的に楽しそうに演じてました。
せっちゃんの俺たちのロックンロールでした。

最後に、客席に勢いあまってビール缶投げ込んでました・・・
思わず誤るせっちゃん f(^_^; 



↓セットリスト


真っ赤な海/ハミングバード/FIRE DOG/彼女/春の夢/Sunday/モルダウの流れ
/破れた傘にくちづけを/絶望という名のガム/天使の遺言/アゲハ/進めなまけもの/ウェディングソング/歌うたいのバラッド/俺たちのロックンロール
/ロケット/透明の翼/劇的な瞬間/ささくれ/歩いて帰ろう/グッドモーニングサニーデイ

彼女は言った/すっぱいぶどう/大丈夫




せっちゃんは、髪が伸びてました。
posted by hir at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

デスノート 「対決」

デスノート アニメ版第2話「対決」

ということで、ついに「L」登場です。
「対決」と行っても、ほとんど声だけなので、まだまだ巧みに繰り広げられる月v.s.Lの裏の取り合いの攻防戦はまだまだ。
これから徐々に盛り上がって行くのが楽しみです。

しかし、Lって、登場したときは、クールな感じだったのに、姿を晒してからが、段々にコミカルな表情を見せるようになり、親近感が沸きます。
そこが、L派になる理由です。
月は、最後までクール(冷徹)でした。

これから、コミカルなLに期待です。

第一話
タグ:デスノート
posted by hir at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

みんなのいえ

minnanoie.jpg
製作:2001、日本

三谷幸喜のドラマや、舞台は好きです。
軽く笑える感じが好きです。

この映画について言えば、全体を通して流れるゆるやかな音楽や、オレンジがかった映像が、三谷幸喜のゆったりとした流れを表現していたような気がするが、正直、退屈だった。
ココリコ田中の振り回される役どころが面白さを出していたが、だからといって、映画を通してつながりがあるわけではなし。
投げっ放し状態です。次に続くのかと思いきや、二度とその話題は出てこない・・・
見終わったら、あれ、あの結果はどうなったの???
という事がいっぱいです。


家を作ると題材ですが、家はあくまで脇で、あまりクローズアップされませんし、言えば、舞台装置のようです。家を建てる映画なのだから、渡辺篤史呼んで、『建もの探訪』をパロってほしかった。「いや〜、すばらしい!」って。
私はどんな家なのか見たいと思うのに、見せてもらえず、なんか欲求不満です。

ただ感心したのは題名です、「みんなのいえ」
家を建てた人はわかると思いますが、一般な人々にとって家は最大の買い物です。
損をしないためにも、いろんな人に意見を聞いて回りますよ。家族、友人、知人、専門家・・・
だいたい自分のものではないし、文化や習慣、価値観もバラバラ。好き勝手言います。
でも買う本人は真剣なので、これに振り回されるわけです。
たとえ、夫婦であっても価値観が違うので衝突します。真剣になればなるっほど。
案外、ココリコ田中のような、振り回されている役のほうが、周囲が逆にしっかりと決定してくれるようになるので、すんなりと決まるかもしれないです。
で、夫婦の新築でありながら、「みんな」の家になってしまうわけです。
マンションや、建売住居であれば、ある程度の選択肢はあるが、間取りや内装は決まっているわけです。
気苦労しながら「みんな」の家を作るほうがいいか、気苦労せずに「じぶん」の家を作るか、どちらがいいのでしょうか。
ちなみに私はマンションなので、「じぶん」の家ですけど。

★★☆☆☆
若いうちは、親が費用を手伝ってくれるので「みんな」の家にしとくべきです

みんなのいえ@映画生活
posted by hir at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

デスノート<アニメ版>


関西では10/16スタートでした。
デスノートのアニメ版があると知ってから、まだかまだかと心待ち・・・

原作は一気に購入して読みきったし、映画も見たし、何に期待することも無い状態なのに、何故か忘れずに見てしまった。
もしかしたらオリジナルな話になるのかもとか思いつつ。

第一話「新生」:
まだ月とリュークしか出てこない。
月の感じは、シックな感じで月っぽい。リュークはそのままのイメージの声だな。でも聞いたことがあるぞっと思ったら、映画でも声をやっていた中村獅童さんでした。この人の声はリュークっぽい。

一話目から、月が飛んでいるような感じが気になります。
初期はもっと純粋な感じだった感じがあったけど、まぁ、純粋であっても「新世界の神となる!」って叫んでいるようでは、飛んでいる奴には違いないですが・・・
あと、アニメならではというところでは、ノートに名前を書きあげて行く様子が、サササッ、バーン!!×5みたいな感じで、カッコ良く描かれていました。ただ名前書くだけなんだけど。
来週はLが登場。L派としてはどんな声なのか要チェックです。



早くもDVD第一巻が発売決定しているようで、

アニメーションDVD、12月21日(木)発売!!
第1巻初回版にはリュークのフィギュア(約15cm)同梱!!

リュークか!!物欲に駆られるわぁ。

タグ:デスノート
posted by hir at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

リクルート

recruit.jpg
製作:2003、アメリカ

リクルートといえば、就職活動だ。
日本では「リクルート」という超メジャーな会社が存在しているおかげで、サスペンスな映画なタイトルもリクルートスーツに身つつんだコリン・ファレルと、人事部の面接官に扮したアル・パチーノの姿が浮かび、どうも事件性が感じられない・・・

まぁ、ともかくアル・パチーノは好きですね。渋すぎます。
ただ、ヒールのイメージが強いです。おかげで真っ当なCIAの教官であるわけが無いと思いつつ、最後を想像してしまうのです。
裏切るか、実は良い奴で最後は身を呈して命を落とすかどっちかでしょう。
どの映画であっても、そういうふうな最後を想像しながら見てしまうのが、
アル・パチーノです。
これが、ハリソン・フォードだと必ず正義は勝つ!のイメージで死んだと思わせても実が助かってハッピーエンドみたいな感じです。

先の展開が読めるからといって、つまらないかというとそんなことが無いのが渋いアル・パチーノです。これにコリン・ファレルが良い感じで絡んで何が真実かわからない状態に見てる側を巻き込んでいきます。
「うわべだけが真実ではない」わけで、何が真実かわからずまま、最後は一気になだれ込みます。思い通りという感じですが、それでも十分に楽しめます。特に序盤のCIAでの訓練は丁寧でよくできていて面白いです。ミッション・インポッシブルより面白いと思いましたが、その矢先、時間が無いと判断したのか、適当に端折りながらストーリーが進んでしまい、緻密さが無くなり、スパイ映画としては残念でした。

実際、全てを疑ってかかるときりがないですが、疑いだすととまりません。
何か確実なものを見つけておかないと、どうしようもありません。
信じられるのは、自分だけ。
・・・寂しい事態です。

★★★☆☆
アル・パチーノを見てください




リクルート@映画生活
posted by hir at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

フラガール

フラガール.jpg
製作:2006、日本
泣ける映画です。泣かすために作られたといっても過言ではない!
別れの場面が、3回ありますが、最後の先生との別れの場面はいかにも泣かせますよという姿勢が見て取れて非常に作られた感があり興ざめ。
もっとシンプルでいいんじゃないですか、ここまで十分に盛り上げてきているので。そこまでやらなくても、涙腺が弱りきった観客には、十分な涙がこぼれおちる場面ですから。

もっと炭鉱の影が現れても良いかなとおもうけど、プロジェクトXではなく、娯楽作品なので楽しく笑えて、泣けて満足して帰れば良いですよね
ヾ(´ー` )ノ

ということで、人生の岐路というのは大なり小なりありますよね。
進学やら、就職やら、恋愛とか、結婚とかも岐路です。
岐路に立ったときに、ここが勝負どころと気づく嗅覚が必要です。
恋愛なんか、「あのとき、あんな事を言わなければ・・・」とか、後から後悔することばかりです。嗅覚なんか働きません
(;´д` ) トホホ
炭鉱で働く人々も生きていくためにどうするのかを決めなければ乗り遅れてしまうわけです。楽観視することも、悲観視することも本人に決める権利があるわけです。
岐路だと感じると、次に打つ手を悩みます(恋愛は岐路だと思わないので、悩まず指した一手が失敗することがしばしば)。人に決めて欲しいぐらいです。そして、違う道を選べばよかったと思うことがあれば、その人に責任転嫁して、自分は傷つかずにいたいものです。
でもそんなことして一度の人生を後悔しながら過ごすことはできませんよね。だから自分で悩み抜いて決断を出すしかないのです。
フラガールは、趣味で踊っているわけではないのです。生きるため、家族のためにと勇気を出して一歩を踏み出したわけです。

フラガールだけだはなく炭鉱夫も生きていくために、苦しみながら、でも一生懸命に次の一手を生きていく姿も密かに描かれます。
一番見て欲しいのは、最後に豊川悦司が晴れ晴れとした顔で炭鉱に入っていく姿です。別の道を選らぶ人もいれば、そこに留まることを選ぶ道もあるのです。悩みながら次の一手を留まることに決めた顔が、良い顔です。
密かに胸に熱いものが込みあがりました。


★★★★☆
どんな人生を選らぼうとも、一生懸命にがんばる姿に勇気付けられました。

フラガール@映画生活
posted by hir at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

ヴィレッジ

ヴィレッジ.jpg
製作:2004、アメリカ
「シックス・センス」のM.ナイト・シャマラン監督ということで、何かどんでん返しがあるのだろうかと、どんな話かも知らず観てみました。

いつの時代かわからないが、村と森とに対照的に、明と暗とを使いわけていかにも意味深な導入部。
長閑な村の様子が美しく、逆に森は静かだが何か秘密があることを感じさせる見せ方で、どのような展開になるのかと、緊張です。
徐々に村人にどんな人がいるのかがわかって行き、村にも秘密があり、それは何なのか、森とは何なのかと見入ってしまいました。
まさに監督の思うつぼ。こういう観客ばかりだと監督もしてやったりですよね・・・

そんな私ですが、「語ってはならぬ者」が赤いマントを付けて現れるのですが、ちょっと姿が見えると興ざめです。赤色の影が見えるだけでも十分だと思うのですが、見えると恐怖が薄れてしまうのが残念です。
秘密も、隠されているから秘密なのであって、中身が何であれ、興味をひきつけておくためには見せてはならないのですよ。

とはいえ、目が見えない役柄のブライス・ダラス・ハワードと知恵遅くれの青年役のエイドリアン・ブロディの存在感は良かった。この二人がどのように引っ張るのかが楽しみでした。見て欲しいところです。

途中に1つ目の謎解き、「語ってはならぬ者」がわかりますが、ここで明かさなくても良いのではないだろうかと思いますね。
ちょっと早いような。
それでも、村の謎ときのときはすっかり騙されてしまいました。
( ̄□ ̄;)ガーン
そんな作りだったのか!!
結果的に、騙されたことに気づき、期待通りに裏切られ良かった(^-^)V

★★★☆☆
森って、一人で入ると怖いんだよね

ヴィレッジ@映画生活


posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

Johnny Hell(初回生産限定盤)(DVD付)


浅井健一名義のアルバム。

BJCは毎回ライブに行き、BJC一筋だった。
SHERBETSは、音は聞いていたがライブには行かず。
AJICOも同様。
JUDEになり、初期はライブに行ったが、だんだんと遠ざかった。

「38 Special」のベンジーのカッコよさに改めて、ベンジー、すげぇーと思った。
「DEVIL」で久しぶりにで、ベンジー、カッコいいと思った。
ただ、だんだんと、やりたい放題か( ´△`) ベンジーと思って離れていった。

浅井健一となり、何かを期待して「危険すぎる」「WAY」とシングルを買って聞いた。
JUDEのポップさの代わりに、ベンジーのロックさが出ていた。
なので、新たなベンジーに期待してアルバムも購入。

「DEVIL」を聞いたときの衝撃はなかったが、大人になったベンジーの重みのあるロックと、
JUDEほどではない適度なポップさがあり、ベンジー独特の世界が展開されていた。

聞けば聞くほど、だんだんとカッコよさが出てきた。

また聞き込んでみようと思う。
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ホテル・ルワンダ

ホテル・ルワンダ.jpg
製作:2004、イギリス・イタリア・南アフリカ
主人公ポールは、力があるわけでもなく、力強い多くの仲間を引き連れているのでもなく、ただのホテルの支配人。
権力を持つ面々とコネクションはあるが、それも薄氷にしかなく、それでも希望を捨てずに機転を利かせて対処していく。いつ死んでもおかしくない状況で、覚悟を決めて頼ってきた人々を助けたいと行動していく。
彼を動かしていたのは家族や友人だけではなく、ホテルマンとしての意地とプライドもあったのではないだろうか。ホテルに迎え入れる人に、安らげる場所を提供することがプロとしての行動だと根底に流れているのではないだろうか。

仕事に対してプロ意識を持つことは重要なことだと思います。
理不尽な事や、不満を持つこともあるが、プロとして仕事を請け負ったのだから、この仕事を完了させるためには、様々な困難はあるわけで(この映画のような困難に直面することはありませんが)、何度も心が折れそうになりながら、それを投げ出してしまう前に、もう一度、「自分はプロではないのか!」と自分に問いかけて立ち直ろうとしています。
チームの面々にも、何度も口にしたいところですが、プロ意識というのは口で言って身に付くものではなく、プロジェクトに対して何を求めているかという根底にあるものだと思います。この根底をどうのように形成するのかがチームの団結につながるのだと考えます。
でないと、一見、チームとして機能していると思っていたのに、ここぞいう場面でも裏切られることになりますから(この映画でも裏切られた場面がありますよね)。

とにかく、仕事をする上で、プロ意識を強く持つことは困難に立ち向かう勇気を与えてくれるということです。
ポールを動かす原動力は、ホテルマンとしてのプロ意識ではなく、人間としてのプロ意識だったと思います。

★★★★☆
人を守れるような人間になりたい

ホテル・ルワンダ@映画生活
posted by hir at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。