2006年05月02日

Vフォー・ヴェンデッタ

V.jpg
久しぶりに映画を見ました(見れました)。
予告編でみたときから、この仮面の男はいったい!?と興味津々。
少し予習なんぞして見てきました

基は80年代に発表されたコミックだそうです。それをベースに、ウォシャウスキー兄弟(さすが漫画オタク)が脚本化し、「マトリックス」製作チームが集結し作り上げたということなので、マトリックスのようなアクションシーン満載かと思いきや、そんな派手なアクションはなかったです。
ですが、大きな組織に反逆するという意味で言えば、「マトリックス」に通ずるものを感じました。

独裁国家と化した近未来の英国としながらも、表現される街や、風景は現代そのもの。
現在の世界を風刺したとしか思えません。
TVを観る英国民は「ウソに決まっている」と流される情報見ている。何かがおかしいと思いながら、弾圧に屈し従っている・・・
現在のアメリカがそうなのかも知れない。戦争の実態をどこまでニュースで流すのか?
それに日本も大なり小なり、そちらに近づいているような気がする。
弾圧国家では無いが、国民を無視した政治。
あまりにリアルな世界観で、ある意味サイコ・スリラーのようでした。

本当のテロは何なのか?
正義のためなら、テロは許されるのか?テロと決めつけ弾圧をしかけるのは、実はテロではないのか・・・
ここ数年での出来事が重くのしかかります。
弾圧から解放された国民は、次はどういうほうこうに国を持っていこうとするのでしょうか。この続きの英国を見てみたいです。

強烈なメッセージ性を持った映画でしたが、
個人的には、Vがイヴィー(ナタリー・ポートマン)に「岩窟王」を観るか尋ねる場面でのイヴィーの受け答え"OK"の言い方が、「レオン」でアパートを出るはめになって、街を歩くレオンとマチルダとの会話での受け答え"OK"と同じイントネーションだったので、思わず「あっ!マチルダ」と心の中で呟いてしまったのが印象的でした。

★★★★☆
政治は、国民に対して正直にならないと、独裁国家と変わりません。


Vフォー・ヴェンデッタ@映画生活
posted by hir at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

ココロミくんを予約

久しぶりの更新です。
最近、忙しくて家には寝るだけに帰ってくる生活で映画も見れません。
(;´д` ) トホホ

そうこうしてるうちに間が空いたよ。
ぺこ <(_ _)>

で、久しぶりにデイリーポータルZを見てみたら、
かなりお気に入りのべつやくれいさんが土曜日を担当。
ちょっと( ̄ー ̄)ニヤリとしたいので見た。

べつやくさんの絵は申し訳ない程度に毒気があって愛らしいです。
ネタも微妙に的を得てる感が素敵です。
かなりデフォルメ感(手抜き感??)が、ツボにはまってます。
たまに出てくる実写がグレートで琴線をくすぐります。
総じて、めちゃめちゃお気に入りです。

で、そんなべつやくさんのネタがになるとのことで、即行で予約しました。

予約特典はべつやくれいさんのサイン。
それも先着500名様。間に合ったにでしょうか??


早くみたいです。
続きを読む
posted by hir at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

ナルニア1.jpg
製作:2005、アメリカ

C.S.ルイスによるファンタジー「ナルニア国物語」のディズニーによる映画化。
「ロード・オブ・ザ・リング」との比較される有名なファンタジーらしい。
でも、この映画の事を聞くまでは、そんな物語は知らなかった。たくさん本も出版されていたのに。
さらに。「LotR」は映画さえ見ていない(見たいのだけど、タイミングを逃したので、あの壮大さに見る機会を得ないのね)
なので、マイ・ファンタジー映画といえば「ハリポタ」
あまり比較しても仕方がないですね

とにかく、そんな素の状態で見に行ったのですが、絵本を読んでいるようで、
次々に読み進んでしまうような楽しさがありました。
白い魔女が、次男を味方に引き入れる手段がターキッシュ・ディライトというお菓子を餌に。
・・・なんて、平和なんでしょう。
戦争の場面は、第二次世界大戦のイギリスが舞台なだけあって、ドイツを意識したのかと思ってしまいましたが、そこは夢と魔法のディズニー。惨い場面はありません。白い魔女に倒されたものも、死ぬのではなく、魔法で石に。魔法がとければ元に戻るという安心なお話。傷ついたものも、一滴で傷が治る魔法の薬が出てくるなど、まさにファンタジー。平和です。
戦時中に書かれた話なので、平和な世界の願ったのでしょうか。

伏線や、話が二転三転するような練られたストーリーではないのですが、
ほんとシンプルなファンタジーですが、すんなりと見れて、さらっと楽しかったって言える感じです。
ディズニー映画ってなると、アスランがライオン・キングにかぶって見えましたが
あと、白い魔女のティルダ・スウィントンは、中世的な感じ(「コンスタンティン」のガブリエル同様)が高貴な感じを醸し出していて良い感じです。

今回は第1章ということなのですが、全7章を映画化するのでしょうか。
長い長い映画になりそうですね。

★★★★☆
タンスの中で過ごした時間は、現時点からほとんど経過していない。
タンスの中はタイムマシーン。あっ!どこでもドアか。

ナルニア国物語 ライオンと魔女@映画生活
posted by hir at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

リディック

リディック.jpg
製作:2004、アメリカ

これ観た後から、「ピッチ・ブラック」の続編(?)という話を聞いて、
説明不足だなっと思っていたことが、実は「ピッチ・ブラック」で説明されていることに気づいた。
題名違うから、Part2だと思わないですよね・・・
でも、先に2を観てしまったのだから仕方がありません。
説明が無いからわかり難いとは思わないことにします。そういう設定なんだと思ってしまえば良いだけだから。

で、ヴィン・ディーゼルって、どうもブルース・ウィルスとダブりませんか。
ダイ・ハードとか出演してても良さそう。
ヴィン・ディーゼルのほうが悪そうかな。善良な刑事には見えないか、何か型破りな刑事とかに見える。がんばれ、ヴィン・ディーゼル!!

そういう悪面なヴィン・ディーゼルですが、キャラ的に悪くないよ。
むしろ良い人(星人?)じゃないですか。なんだかんだと助けているし。
徐々に良い奴に見えてくるならありだけど。
期待は、フリーザVSベジータみたいな悪には悪を望むんだけど。

★★☆☆☆
目には目を、歯に歯を、悪には悪を。で、悪は誰だよ。

リディック@映画生活
posted by hir at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

コックリさん

コックリさん.jpg
製作:2004、韓国

まず”コックリさん”って日本だけでは無かったのねって。
日本が先なのか、韓国が先なのか、もしかして中国にも???
シルクロードを渡って来たんじゃないですかね?ということはヨーロッパにも類似現象があるのかも・・・
って、勝手に飛躍したところで、

小学生の頃は、メジャーな霊現象(?)だった遊び(?)でした。
遊び半分でやると呪われるとか言われませんでした?学校から禁止令が出たりしませんでした?
でも、自らやった記憶は無いですね。人がやってるのを見てた記憶はありますが。女の子が休み時間にキャーキャー良いながらやってた。

こんなコックリさんの真相とかに迫るのかと思いきや、
アッと言う間に別の展開に持って行ってしまいましたね。
「リング」系に近い内容です。貞子っぽいし、ただ貞子のほうが怖い。ほんと、あの顔や動き見たら呪われそうだったしね。それを思うと、いまいち緊迫感がなかったかな。怨霊の最終到達点は「らせん」の考え方かな。
韓国の女優さんは綺麗でした。それなのに貞子風に長髪で顔を隠す演出は残念です。もっと顔を露出してください。
題名が身近な話題だっただけに、少し肩透かしを喰らった気がする。


★☆☆☆☆
コックリさんって、なんだろうね。

コックリさん@映画生活
posted by hir at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

スズメバチ

スズメバチ.jpg
製作:2002、フランス

12000発喰らえ
もぉクラクラするフレーズ。なんか知らんが期待してしまう。

原題は「NID DE GUEPES」。意は何だろう?学生の頃はフランス語を第二外国語でとっていたので、仏日辞書を持っていたが、今はどこに行ったのやら。
ともかく、蜂の巣とか、針とかの意味だろう。
ここで意味するハチは、スズメバチではなく、日本名で言うと狩人蜂らしい。
冒頭で出てくる蜂の説明がまさにそうだ。花の蜜などを吸うけど、、子を産むときは大きな土蜘蛛を仕留め、体内に産む。なので、狩人。スズメバチとは違うのね。
執拗に狙う敵の様子と、銃撃の様子を「蜂の巣」に例えるということと掛けてスズメバチにしたのかな。

こういう銃撃戦はアメリカ映画の場合、派手な爆発シーンが多用されている。
あっちで”ボッーン”、こっちで”ドッーン”って。その度に、人が飛んでいくシーンが目に浮かぶ。こんな映画を多く見たせいか、銃撃戦というと、このようなシーンが脳裏を過ぎる。
この映画はフランス映画だからかは知らないが、ある意味地味。だけど変にリアル。派手に無意味な爆発が無いけど、無数に飛ぶかう銃弾の数に緊張を感じた。
こういう無駄を排除し、徹底的に見せるところが、フランス映画の好きなところだったりする。

ストーリー自体は見る人の期待を裏切るとか、そんか感じは無いし、キャラに伏線とか貼ったりしてるように見えて、そのまま放置されていたりと、まとまっていない感はある。こんな話があったよって、ドキュメンタリのよう。
余分なストーリーを付け加えるのと、どっちが良いかと聞かれると、こっちのほうが好きです。


★★★☆☆
アクション物でも、無駄に派手なアクションは要らない。シンプル イズ ベスト。

スズメバチ@映画生活
posted by hir at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

トルク

トルク.jpg
製作:2003、アメリカ

「ワイルド・スピード」のバイク版だと思ってたら、ひっくり返った。
バイクが車を抜き去る始まりを見たときから怪しい気配を感じていたら、怒涛の攻めを受け、予想以上に圧倒されました。
ありえねぇ
スピードの限界に挑むバイク映画・・・ではなく、限界を突破して、空を飛ぶところまでいっちゃた感じです。
もぅやりたいこと、やり過ぎ。映像は、やり過ぎだけど、ストーリーは置き去り。
予想通りにストーリーは進みます。まさか、そんなど真ん中で来るとは思ってないので、思わず見逃し三振状態。
後半になるにつれ、盛り上がりに合わせて、バイク・アクションも盛り上がり。
「ミッション・インポッシブル」か「マトリクス」かって。
ジョン・ウー好きそうだなとか思ったり。

Y2Kが出てくる必要ないよ、きっと。持ち主はアメリカン乗り回してるのに、さらにそのアメリカンはY2Kと併走してるぞ。そんな奴にY2Kは持つ必要なし。
最後の戦いはゲームそのもの。現実を大きく飛び越したね。

そうは言っても、文句あるか!!って映画を作ってそうで、男らしい。
ありえねぇの連発に、バカバカしいの連発。
真面目な映画だと思うが、どうもお馬鹿映画っぽくて好印象。
かなり好きです。

★★★★☆
最後は「トロン」っぽかった

トルク@映画生活
posted by hir at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

クライモリ

クライモリ.jpg
製作:2003、アメリカ/ドイツ

原題:WRONG TURN
内容を見ると、すぐに何を指しているかがわかる題名。「あー、その行動が運命の別れ道になるのね・・・」って。逆に邦題の「クライモリ」は、「暗い」「CRY」「喰らい」をかけたのだろうか。邦題のほうがなかなか手が込んでいる。かなり上手いと感心。

あまりホラーは見ないけど、サスペンスなのかと思ってみてしまった。
見始めたからには最後まで見届けないと、気になって仕方が無いのでさらっと見たら、思いのほか短時間で終わって、あっさりとしていた。

早い段階でマウンテンマンが姿をあらわしたので、何が襲ってくるのか判らない緊張感がなく、ホラーながら、さっぱり感がある。
精神的に追い詰める、ジャパニーズホラーとは違い、肉体派な感じが、いかにもアメリカン・ホラーって感じです。
ほんと、見終わってから後を引かない感じが、清涼感さえ感じさせる。
スタンダードな感じで、低予算っぽいのに、ここまで仕上げてくるところが良い。
変に説明を付けず、投げっぱなしジャーマンっぽい。

人を襲う目的は何だろうとか、保存している理由はとか、そこまで襲うとさすがに捜査が入るだろうとか、突っ込み所はあるんだけど、そんなことはお構いなしに一気に疾走する映画なので、これはこれで良いんじゃないか。

★★★☆☆
アメリカの広大な土地なら、未開の森があっても不思議は無いか

クライモリ@映画生活
posted by hir at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

HOTEI 25th Anniversary ALL TIME SUPER BEST TOUR

布袋さんの『HOTEI 25th Anniversary ALL TIME SUPER BEST TOUR』に行ってきました!
2/19(日) 大阪・フェスティバルホールです!!TOUR 2日目です。
HOTEI 25th.jpg
前回のTOURは、『HOTEI ROCK THE FUTURE 2005 Monster Drive Party』
今回はBOOWY、COMPLEXも含めて布袋寅泰を見せてくれるということで楽しみ!!
正直、BOOWY・COMPLEXは封印状態(たまに演っていたけど)だと思っていたから布袋ギターで、昔の曲を聴けるなんて・・・
CD「ALL TIME SUPER BEST」以外の曲は何を演るのか期待してました。

↓セットリスト


BAD FEELING/BE MY BABY/GLORIOUS DAYS/サレンダー/STARMAN/DEVIL’S SUGAR/BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY/さらば青春の光/LONELY★WILD/NOBODY IS PARFECT/FLY IN TO YOUR DREAM/RUSSIAN ROULETTE/C'MON EVERYBODY/スリル/MERRY−GO−ROUND/DREAMIN'/DANCING WITH THE MOONLIGHT/VELVET KISS

BEAT SWEET/バンビーナ/Identity

SAVE ME




あぁ〜、BAD FEELING。BE MY BABYもか〜。
布袋ステップだぁ(これは普段からやってるか)。
感慨深いですねぇ
布袋のギターで、BOOWY・COMPLEXの曲を歌える日が来るとは!!
懐かしい・・・
この曲を聴いていた頃は・・・ってなんか、一人で懐かしがってました。

おかげで、ライブ終わったら、声がかれていた。
叫ばずに居られませんでした。

今回は、コンプリート・ビジュアルBOX と、レザーストラップを購入。
ストラップは、Fetish Tourのを使っていたので、今日からは25th版に変更です。
↓上:Fetish版 下:25th版
HOTEI strap.jpg

今回も、オフィシャルブートレッグCD(アンコール曲のみ収録)が発売されます。いろいろ欲しいと思ったけど、欲を出したらきりが無いので、参戦した2/19版のみ購入しました。記念。届くのが楽しみ。
posted by hir at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

バイオハザードII アポカリプス

バイオハザード2.jpg
製作: 2004年、ドイツ/イギリス/アメリカ

「バイオハザード」の続編。
ゾンビだから、ホラー・アクションかと思ったら、ホラーというよりは完全にアクション映画。映画を観ながら「キャー」の叫びとか、毛布で顔を覆うようなシチュエーションには出会うことは無い。1のときもそうだったが、エイリアン・シリーズが重なる。
でも、これはこれでおもしろい。ガッツン、ガッツンと有無を言わさずゾンビを撃ち倒す場面はゲームやってるようだ。
前回、街がゾンビで覆われるのはアンブレラ社の実験場とされたと思ったのですが、会社的に不測の事態だったようで予想が外れました。が、そこは闇の大企業。せっかくのデータ収集チャンスと切替るところが、さすがです。

疲れたら爆破したら良いじゃん!って決めてしまうところが広大な土地を持つ、アメリカンな感じが流石です。始めは丁寧に戦いが描かれていたのに、最後は出尽くしたのか、大雑把な感じなったのは残念です。ヘリで攻撃したらダメです。いくらアリスが強いからって言っても、肉体を駆使してきて戦ってきたのに、そんな強力な兵器を出してきたら、ちまちま戦ってきた前半戦が無駄です。せめて兵士数人にマシンガンを持たせて一斉射撃するほうが華があります。
あと、ジルが良い感じで出てきたのに、途中から地味になってしまいました。アリスに負けずに必死のバトルを期待したのですが残念です。

あと言いたいことは、墓場でゾンビが蘇ってくるところ。空気感染してないから、死者がウィルス感染することは無いですよ。ホラー映画の伝統を継承したかったのでしょうか。墓場のシーンは要らないでしょう。昔バタリアンというゾンビ映画では、ゾンビが焼かれた煙が雲を呼んで、降ってきた雨が地中に染込み、死者が蘇るという展開でした。これなら話が繋がるが、雨が降っていないのに墓場から死者を蘇らせてもねぇ。いっそ、空気感染してることにして、みんな感染して見たら?

でも、1、2と観てきて、面白みが増してきた。
3では(あるという話だが)、中途半端にホラー色を出すのを止めて、アクションなのか、ホラーなのか、思いっきり攻めてほしい。

★★★★☆
女性の戦士はなぜか薄着。戦いなのに身を守ることよりカッコ良さが大事。

バイオハザードII アポカリプス@映画生活
posted by hir at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(洋画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。